News, videos, live sets
Tokyo, November 27, 2022
Network Billboard list

MUTEK.JP Pro Conference

MUTEKJP22 Pro Con landscape 03

MUTEK.JP 2022 の一環として、今年はデジタルクリエイティブに焦点を当て、クリエイティブ業界の発展に 寄与することを目的としたカンファレンスイベント『MUTEK.JP Pro Conference』を 12月8日 (木)と9日 (金)の2日間に渡りSHIBUYA QWSの「スクランブルホール」にて開催します。

フェスティバルに参加する国内外のアーティスト、クリエイターをはじめ、技術者、専門家、企業からの立役者が一堂に会し、トーク、パネルディスカッション、プレゼンテーション、ワークショップなどのプログラムを通して、デジタルクリエイティブなコンテンツの価値を探求していきます。

最新技術を活用したAI、XR、メタバース、WEB3などをキーワードに「パブリックアートインスタレーションの未来」「XRプロダクション&ストーリーテリング」「ビジネスモデルとしてのイマーシヴ・アートスペース」、「AI とクリエイティビティ」「イマーシヴソニック体験の新しい形」「XR からメタバースへ」「クリエイティブシティ」などをテーマに掲げたトークセッションを行います。

MUTEK.JP PRO Conference

日程:2022年12月8日(木), 9日(金)
時間:11:00 - 18:00
会場:スクランブルホール (SHIBUYA QWS)
料金:5,000円 (2日間)
※ MUTEK.JP PRO Conferenceへ参加するにはフェスティバルとは別途チケットをお買い求めください。

PRO Conferenceパスポート

登壇者:

12月8日(木)
Daito Manabe (Rhizomatiks), Dorothy Di Stefano (Molten Immersive Art), Hanae Tamura (MUTEK.JP), Kuniyasu Komukai (J-WAVE), Jenny Thibault (Society for Arts and Technology (SAT)), Junichi Takekawa (MUTEK.JP), Maurice Jones (MUTEK.JP), Ou Sugiyama (Mori Building), Paul Boyland (Panasonic), Shuichiro Iwanami (MUTEK.JP), Sougwen Chung (SCILICET), Tessa Nijdam (SCILICET), Tom Kawada (AR 3 Brothers), and more...

12月9日(金)
Alain Mongeau (MUTEK), Eiichi Sawado (Musician), Emi Kusano (Fictionera), France Jobin & Markus Heckmann (Artist), Genki Nishida (Refraction), Greg Debicki (Woulg), Katsutoshi Machiba (Beyond the Frame Festival), Lola Baraldi (MUTEK), Mari Asada (Marimo), Mike Sunda (PUSH Japan), Mourad Bennacer (Society for Arts and Technology (SAT)), Myriam Bleau (Artist), Nao Tokui (Qosmo Inc.), Ren Stern (Senspace), Rieko Takahashi (Miraikan), Seiichi Saito (Panoramatiks), Tim Stevens (British Film Institute), and more...

全登壇者

スケジュールと詳細

Digi Lab

Copy URL to share Copied to clipboard